サイト内ブログはマーケテイングに最適オウンドメディア

Blog Image
#
2018/09/20 11:09
横浜のITコーディネータはホームページのSSL化をお薦めします。あなたのウェブサイト(スマホホームページ)を暗号化通信であなたのお客様になってくれるかも知れない人たちと、あなたを守るためにも。あなたができるセキュリティ対策は必要で大事なことです。SSL化自体はレンタルサーバー会社が無償提供しているところもありますので、是非あなたのホームページ制作会社に、お尋ねすることをお薦めします。私たち(横浜のスマホ最適サイト制作)に、お問合せいただくことも
#
2018/09/16 14:36
SSL化は、簡単に言うと暗号化通信です。インターネット間の通信を暗号化することで、第三者に情報を盗まれないようにする技術です。ビジネスでホームページを持っているなら、あなたにとってSSL化は必要です。もう必須だと言っても過言ではないでしょう。検索から、あなたのホームページに訪れた人たちには、あなたのお客様になって貰わなければなりません。安心してあなたのホームページを利用してもらう為に必要なことですので。横浜のSSL化に詳しいIT専門家(ITコーディネータ)がお伝えするスマホ最適化ホームページはSSL化をお薦めします。あなたにとってSSL化は必要です。もう必須だと言っても過言ではないでしょう。
#
2018/09/12 20:28
GoogleがブラウザChromeの仕様を変更しました。これは明確に「SSL化が標準」を示すものです。以前の記事にも書きましたが、SSL化未対応のホームページが、あなたのホームページに訪れたあなたのお客様になってくれるかも知れない人たちの為にGoogleが舵を切ったこと。SSL化未対応のホームページの信頼性が疑われることに、つながることですので、早急なSSL化をお薦めします。SSL化やホームページの事でお悩みでしたらお問合せください。
#
2018/09/10 12:22
6月からホームページも広告とされました。ネット広告集客していない通常のホームページは広告扱いではなかったけれど、美容医療関連のトラブルや相談件数が増加し消費者委員会より医療のウェブサイトに対する法的規制の声が高まり規制対象となり違反には罰則が設けられました。現状では多くの特に歯医者さんのホームページがガイドラインに抵触しています。・・・このままでは、しかし、他の広告媒体と同様に、詳細な診療内容など患者等が求める情報の円滑な提供が妨げられるおそれがあることから、一定の条件の下に広告可能事項の限定を解除することになりましたこの部分を十分に考慮したホームページに改修する必要があります。
#
2018/09/08 21:58
ホームページには、セキュリティ対策が必要です。 あなたのサイトをセキュア(※)な状態に保つことで、あなたのホームページに訪れたあなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに安心感を伝えることも一つの大切なことです。 ※secure:悪意ある人物や集団によるシステムへの侵入や不正な操作、破壊、改変、情報の窃取や漏洩、改竄、消去、通信の妨害や盗聴、改竄などの攻撃に対して備えができている状態や、その度合い。横浜のスマホ最適ホームページ制作はSSL対応をお薦めします。
#
2018/09/07 13:54
⓵どのページにいても②ページのどこにいてもスグに電話できる③マップでお客様を案内④入力しやすい問合せ⑤スマホ・パソコン・タブで最適表示操作性確保のレスポンシブウェブデザイン見やすい使いやすい判りやすい⑥外部に頼ることなくページの変更が簡単⑦優れたCMSであるconcrete5(コンクリートファイブ:米国陸軍にも採用された信頼性、WordPressの様な脆弱性(※)は無い・セキュリティリスクの少ないCMS)で作成します。
#
2018/09/04 14:09
お世話様です。あなたが、ホームページのリニューアルを検討していて、ご自分のホームページをどの様にリニューアルすべきか、 今はスマホの時代だからスマホ対応は必須だとして、現行のホームページの内容をどの様にスムーズに移行して、新しいホームページにすれば良いのか、などを考えていて インターネットで「検索」してみたところ「高品質なホームページを作成します」と言うキャッチフレーズに目が留まったとします。 あなたは、どうしますか?
#
2018/09/02 11:27
私たちがご支援するスマホ最適化サイトは,あたり前に基本的なSEO対策(検索エンジンに対する最適化)を組み込みます。そしてこの対策はあなたご自身も利用でき、あなたが新たなサービス・商品のためにページ(例えばブログ記事)を作った場合でも、あなたのお客様になってくるかも知れない人たちにお伝えするためにウェブ制作会社に頼ることなく、あなたご自身・あなたのスタッフが追記・変更・修正 あなたの目的やタイミングに合わせてできるのです。
#
2018/08/31 14:56
脆弱性に対するコンピュータセキュリティ対策 [v] 脆弱性情報が公開された場合、可能な限り早急にアップデートすることが望ましい [v] あなたのサイトがWordPressで作られているのであれば、決して自動更新を無効にしない [v] WordPressで自動更新を設定していても安心してはダメ ・自動更新されないバージョンもある。  ・プラグインやテーマなどのアドインも最新バージョンに保つ。 [v] WordPress以外でも気を付ける [v] サイトオーナーはサイト運営に責任がある。 WordPressの是非を言うつもりも批判するつもりもありません。なぜWordPressかというと、80%を超えるシェアゆえに、攻撃者の格好のターゲットとなり、ヒット率も高くなるから、WordPressサイトオーナーに目覚めてほしく警鐘を鳴らしているのです。
#
2018/08/24 10:08
今回のテーマは、リスクヘッジです。 WordPressで作られたサイトも、WordPressそのものを批判するつもりはないのですが、最も身近なものとしてWordPressで作られたサイトを例に、これらの問題提起と警鐘をしてみたいと考えました。WordPressはその使いやすさから多くのホームページ制作会社から支持を受け、 多くのWebサイトオーナーからも綺麗なサイトができたことで喜ばれ支持されているのだと考えられます。 でも、WordPressが常に脆弱性のリスクに晒されているのも事実です。WordPressを使っている方はご存知かもしれませんが、けっこう頻繁にバージョンアップされ、目立つ場所に目立つ色でアップデート(更新)を促すメッセージが表示されます。 これって結構大切な事なのですが面倒に思うのも事実です(筆者がそうでした)。 「WordPressのバージョンを常に最新に保つことは、大事なことの1つです。」
  • 2019年6月18日
    憂うべき43サイト中23サイトがユーザー情報が丸見え状態、27サイトがログイン画面を放置 これはホームページオーナーのせい(所為)ではないのだけれども! 2つの区で人口合計が約37万人の地域の歯医者さんのホームページを調査してみました。 106ホームページの内、実に43がWordPressで制作されている そして、WordPressのログイン画面を公開している(守っていない)サイトが27もあり、さらにその中の20サイトが、ユーザー情報が丸見えの状態。WordPressのログイン画面を隠してはいるが、ユーザー情報が丸見えの状態のサイトが16サイトの中にも3サイトある。 ユーザー情報が丸見えということは、「パスワード」だけ突破できれば攻撃者はログインが可能なんです。 ログインできれば、改ざん、なりすまし、乗っ取りは、思うがまま、できてしまいます。 ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)でパスワードを機械的に何度でも試せるわけですから、常に攻撃の対象になってしまっているということになります。 調査対象の母数が少ないと思われるかも知れないですが、これが事実です。 WordPressサイトは少しの知識があれば、簡単に作れてしまう為、セキュリティポリシーがない制作者が作ったホームページが増えてきたのかも知れません。 By 横浜の登録セキュリティプレゼンター  あなたのホームページで、以下の2つを試してみてください。 1. http://example.com/wp-login.php 2. http://example.com/wp-json/wp/v2/users ※. example.comはあなたのURLに置き換えてください。
  • 2019年6月12日
    あなたのホームページは、Webの世界で有効か? あなたのコンテンツページは、Googleで認識されて(見つけてもらって)いるか? あなたのホームページが、Webの中に存在しているだけなら、ウェブの利用者(検索者)にとっては「存在していないのと同じです。」 この「Googleに見つけてもらっているか?」がとても大事なことになります。 ホームページを作っただけで、名刺代わりにさえなっていません。今回は趣向をチョットだけずらして、Webの世界でホームページが、どの様に認識されているのか・認識されるために何が必要かを、お伝え出来たら良いなと思っています。 Written:2019/06/13 By 横浜のITコーディネータ