今回、v8.5.7からv9.1.0にバージョンアップしたかった

開発・テスト環境のバージョンアップをしたかったのですが、その前に見直しを行ないました。
  その上で、備忘録的に記載したいと思います。

それは、
{CCM:BASE_URL}と、
Hostingpublic_htmlは曲者?Local環境への移行時注意です。

  今回はLocal環境へ本環境データのデプロイ時の注意事項と、
今後のConcrete CMSへ望みたいことを書きます。

 まずは望みたいことを先に、それは{CCM:BASE_URL}の拡大展開です。

 理由は、concrete5 v5.6.0.2の頃(実は v5.6.0.2のサイトも持っています。)既に
<a href="{CCM:BASE_URL}/で一部実装されているものの
v8.5.7時点でも、全部ではないし、

<a href="以外では適用されていない。

 適用されれば、httpから始まるドメインを記述しなくて済むだけではなく、ドメイン変更やサーバ移管等の事態が起きても、ソースコードの修正が必要無いので、非常に便利だからです。
 ほかにも有利な点がある。

 また、、Hostingpublic_htmlは曲者?Local環境への移行時は要注意ということです。

 (備忘録に対象として欲しい範囲を詳細に記載しています。)

プロローグ

新しいConcrete CMS開発環境ローカル環境に構築しています。

Concrete CMS開発環境ローカル環境に構築しています。

Concrete CMS開発環境ローカル環境に構築しています。

Concrete CMS開発環境をローカルに作っていますⅣ

Topに戻る

Local環境の見直し

バージョンアップ前に、開発・テスト環境の各ページをブラウズしているときに気付きました。

それは、「Concrete CMS開発環境をローカルに構築」のままだと、正常に表示されないものがあるということ

トップページのスライダに画像

下の画像は、(表示タイミングの違いで、本来のスライダ画像の上に表示させているText文が異なりますが)上段がスライダ画像未表示分、下段がスライダ画像表示分です。

上段:開発・テスト環境(途中)/ 下段:本環境
(ブラウザを変えて、上下に並べてキャプチャしました。)

スライダ画像未表示分の左上、で囲んだ部分を拡大して見ると、

目次に戻る

sliderが表示されない原因?

slideの文字が見えます。これは画像に指定したalt="slide"の部分であることが分かりました。
 この状態で、開発ツールで確認すると、
GET http://localhost/application/files/1916/1121/2137/a010-1152-648-316-1960.png 404 (Not Found) localhost/:158
GET http://localhost/application/files/7616/1121/2141/a020-1152-648-304-1660.png 404 (Not Found) localhost/:170
GET http://localhost/application/files/1916/1121/2148/a031-1152-648-228-1060.png 404 (Not Found) localhost/:182
GET http://localhost/application/files/7916/1121/2159/a032-1152-648-212-1250.png 404 (Not Found) localhost/:194
GET http://localhost/application/files/2716/1121/2168/a040-1152-648-224-1070.png 404 (Not Found) localhost/:207
GET http://localhost/application/files/9816/1121/2177/a051-1152-648-212-1260.png 404 (Not Found) localhost/:220
GET http://localhost/application/files/7316/1121/2186/a052-1152-648-276-1500.png 404 (Not Found) localhost/:231
GET http://localhost/application/files/8116/1121/2193/a060-1152-648-252-1550.png 404 (Not Found) localhost/:244
GET http://localhost/application/files/8416/1121/2199/a070-1152-648-252-1330.png 404 (Not Found) localhost/:256
GET http://localhost/application/files/1216/1121/2206/a080-1152-648-224-1190..png 404 (Not Found) localhost/:269
GET http://localhost/application/files/8916/1121/2213/a090-1152-648-124-0620.png 404 (Not Found) localhost/:281
GET http://localhost/application/files/9516/1121/2224/a100-1152-648-148-0704.png 404 (Not Found) localhost/:293
GET http://localhost/application/files/7516/1121/2130/a110-1152-648-136-0980.png 404 (Not Found) base.js:6330
 と、404 (Not Found)画像が見つからないエラーが13件起きていました。

13件、これはTopページの画像スライダの背景画像の枚数です。

目次に戻る

Local環境への移行時注意

 そして、よく観察して見ると、画像格納先のパスがおかしい?(http://localhost/application/files/)

何故かと思い、本環境でエクスポートして、開発テスト環境にインポートする前にパスを置き換えたはず・・・だとaitc_cf840.sqlファイルを確認して見ると、

INSERT INTO `CollectionVersionBlocksOutputCache` (`cID`, `cvID`, `bID`, `arHandle`, `btCachedBlockOutput`, `btCachedBlockOutputExpires`) VALUES

(1, 291, 6098, 'Hero Area', '・・ 前略 ・・<img src="/application/files/1916/1121/2137/a010-1152-648-316-1960.png" alt="slide" width="1152" height="648"> ・・ 中略 ・・href="http://localhost/Concrete8.5.7/blog/google-190612" class="mega-link-overlay"></a>・・・・・・・<img src="/application/files/7916/1121/2159/a032-1152-648-212-1250.png" alt="slide" width="1152" height="648">・・ 後略 ・・・・・となっている。



上の画像は、置き換え前の本環境でエクスポートした状態のaitc_cf840.sqlの一部、画像のパスは、<source srcset=https://a-itc.info/application/files/8315/7171/8139/guideline-128-128-040.png media=・・・などのアンダーライン部分

Localの画像格納先は、C:\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\application\filesなので、

置き換え前のaitc_cf840.sqlファイルを確認すると、

<img src="/application/files/1916/1121/2137/a010-1152-648-316-1960.png" alt="slide" width="1152" height="648">となっている為、/application の上位パスは存在しない。

目次に戻る

Hostingのpublic_htmlは曲者?

HostingXSERVERの場合
CMS管理は・・・・・・・“a-itc.info>public_html>concrete>”、
パッケージ管理は、・・・“a-itc.info>public_html>pacckages>”、
アプリケーション管理は、“a-itc.info>public_html>application>”、
となっており、
 いずれもpublic_htmlを介してDomainとの接続が行われている様だ
 (それ故に、.sql上の接続も/application の上位パスは存在しなくても良い様だ。)。

 しかしながら、Localでは、ここでもその様なわけにも行かず不具合となってしまう。
ここの解消(原因究明と対処)にも手間取った後述※注

(Hostingのpublic_htmlの件は、ConcreteCMSに限った訳でもなく、
WordPressのサイトでも同様に、
Domain>public_html>wp-admin、
Domain>public_html>wp-content、
Domain>public_html>wp-includes、となっています。)

目次に戻る

そのほかの画像

ブログページのエラー

INSERT INTO `btImageSliderEntries` (`id`, `bID`, `cID`, `fID`, `linkURL`, `internalLinkCID`, `title`, `description`, `sortOrder`) VALUES (1909, 6020, 0, 2238, 'https://a-itc.info/blog/web20181207', 0, '',・・・後略

などは、エラーが判明した後から、

INSERT INTO `btImageSliderEntries` (`id`, `bID`, `cID`, `fID`, `linkURL`, `internalLinkCID`, `title`, `description`, `sortOrder`) VALUES(1909, 6020, 0, 2238, 'http://localhost/concrete8.5.7/blog/web20181207', 0, '',・・・後略

で置き換え、テーブルを空(TRUNCATE)にして改めてINSERT INTOし直しました。

⇑ 上の画像は”btImageSliderEntries”のものではありません(キャプチャを忘れた為、代用です。)
そしてこれは、phpMyAdiminのデータベース>特定のテーブルを選んで「空にする」ボタンでのイメージです。

実際の操作は対象テーブルも1つだけでない上に、データの追加(Insert Into)も同じタイミングで行う為.sqlで、以下の様に実行します。

-- 挿入前にテーブルを空にする `btImageSliderEntries`
TRUNCATE TABLE `btImageSliderEntries`;

INSERT INTO `btImageSliderEntries` (`id`, `bID`, `cID`, `fID`, `linkURL`, `internalLinkCID`, `title`, `description`, `sortOrder`) VALUES (・・・・・・・・・・・),

 

Contactページの404 NotFoundエラー

目次に戻る

404 NotFound

404 Errorの原因は、

INSERT INTO `btImageSliderEntries` (`id`, `bID`, `cID`, `fID`, `linkURL`, `internalLinkCID`, `title`, `description`, `sortOrder`) VALUES
(,,,,,'https://a-itc.info/contact' の様な場合、
http://localhost/contactと置き換えてしまい。エラーが判明して初めて
http://localhost/concrete8.5.7/contactと修正してエラー回避ができたからです。

これらは、version8.3.2(2018/07)からサイト始めて、8.4.0、8.4.3、8.4.4・・・8.5.4(2020/06/11)8.5.5と順番にバージョンアップし、直近までv8.5.6でした。これをv8.5.7に今回バージョンアップしたものなので、記事が古いバージョンであった時のものかも知れません

どこかの段階までURLのパスがデータベーステーブルに格納(一部が絶対パス)されていたり、Hostingサービスのpublic_htmlを介してDomainとの接続が行われていることによる影響なのか分かりませんが、
 単純に本環境でエクスポートしたデータを開発・テスト環境にインポート(aitc_cf840.sql)しただけでは、うまく行かないことが判明しました。

 これらは、エディタSublime Text)で、一括置き換えしましたが、どの部分が対象となっているのかを見つけるためにエディタ(NoEditorGrep等を利用して)時間を要しました。

 この部分は、備忘録※注的に、残しておきたいため、文末(記事の最後)に記載しておきますので、ご興味がございましたら読んでいただければと思います。

目次に戻る

これは原因不明

また、FTP(WinSCP)で直接入手したフォルダ・ファイルについても
一部のファイル・一部の配下フォルダが正常に入手出来なかったものがありました。

Edgeのデバロッパー(開発者)ツールで確認したところ

Class
「Concrete\Pakages\EcRecaptcha\Src\Captcha\Recaptchaコントローラが存在しません
というエラーになっていました。

\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\pakages\ec_recatcha配下には部分のものがなく、ec_recaptchaフォルダとec_recaptcha.zipがあります。
 (
部分は、他にインストールしたConcreteCMS環境の\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\pakages\ec_recatchaから、コピーしたものです。

どうやら、C:\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\packages\ec_recaptcha\の下にさらにec_recaptchaが存在し、配下に該当のフォルダとファイルがありましたので、ec_recaptcha.zipの展開(解凍)先を誤ってしまったのか?今となっては不明ですが、)

多分、ec_recaptcha.zipの展開(解凍)先を誤ってしまったのだと思いたい。

C:\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\packages\ec_recaptcha配下

C:\MAMP\htdocs\ConcreteCMS\packages\ec_recaptcha配下

C:\MAMP\htdocs\concrete8.5.7\packages\ec_recaptcha\の下にさらにec_recaptcha

目次に戻る

{CCM:BASE_URL}の拡張展開を望む

.見出しの、{は{で全角、}も}で全角で書いています。(ここ以外本文中も!
理由は、そのまま書くと次の様に https://a-itc.info 👈の様に、本物に置き換えられ表示されるからです。

 V9以降が全部相対パスであることを望むばかりです。

既に、本環境からエクスポートしたaitc_cf840.sqlの一部記述には、
<a href="{CCM:BASE_URL}/blog/ssl20181229" style="color:#0563c1; text-decoration:underline">ここをクリックしてBlogをご覧ください</a

<a href="{CCM:BASE_URL}/contact" style="box-sizing:border-box; color:blue; text-decoration:underline"><span style="box-sizing:border-box">ここをクリックして、お問合せください</span></a
の様に実装されているものを見つけました。

この様な記述の実装が広がることを期待します。

なぜなら、CCM:BASE_URL}は、

先にあげた記載と同じように、a href="CCM:BASE_URL}">TopPage</aとすれば、

自動的にTopPageへのリンクになります。

httpsから始まるドメインを記述しなくて済むだけではなく、ドメイン変更やサーバ移管等の事態が起きても、ソースコードの修正が必要無いので、非常に便利です。

サーバ移転はよくある事でしょうし、ドメイン変更はあまり無いかも知れませんが、筆者の様にLocalに開発・テスト環境を作り、本環境のデータ(.sqlのテーブルのデータ)を利用したい目的には、であれば、内部データ(.sql)の変更の手間が大幅に軽減できるので、そのメリットは大きいのですから。(今回は、一部が既に<a href="{CCM:BASE_URL}/化されていたものの、全てではなかった為、内部データを大量に変更する必要がありました後述※注

目次に戻る

備忘録

 本環境でエクスポートしたデータを開発・テスト環境にインポート(aitc_cf840.sql)しただけでは、うまく行かない

 ここでは、特定のテーブル(Table)の特定の項目(Field)に、URLやファイルの格納先(パス)を持っている為、本環境の.sqlデータをテスト・開発環境で使用できる様にする必要があり、そのための対象Tableと特定のFieldの値の置き換え(書き換え・更新)について詳細に記載します。



※注.

pathの置き換え!

目次に戻る

No 上段:対象Table
下段:対象Field
置き換え前
本環境(Hosting)
置き換え後
開発・テスト環境(Local)
1 btAdvancedHtml
content
'<a href="https://a-itc.info '<a href="{CCM:BASE_URL}
2 btContentImage
externalLink
'https://a-itc.info/ 'http://localhost/Concrete8.5.7/
3 btContentLocal
content
<a href="https://www.a-itc.info と、
<a href="https://a-itc.info これは置き換え、
他に、contentの一部にある、以下はそのまま
'<a href="{CCM:BASE_URL}/contact" '、
'<a href="{CCM:BASE_URL}/faq#anchor-9692" '、
'<a href="{CCM:CID_199}" '、
'<a href="{CCM:CID_245}" 'なども存在
<a href="{CCM:BASE_URL}
4 btImageSliderEntries
linkURL
<a href="https://www.a-itc.info <a href="{CCM:BASE_URL}
5 btImageSliderEntries
description
'href="https://www.a-itc.info Fieldがdescriptionとある為、保留
6 CollectionVersionBlocksOutputCache
btCachedBlockOutput
<img src="/application/files/ <img src="/concrete8.5.7/application/files/
<source srcset="/application/files/ <source srcset="/concrete8.5.7/application/files/
data-default-src="/application/files/ data-default-src="/concrete8.5.7/application/files/
data-hover-src="/application/files/ data-hover-src="/concrete8.5.7/application/files/
<a href="https://a-itc.info <a href="{CCM:BASE_URL}
<a href="https://www.a-itc.info <a href="{CCM:BASE_URL}
url=https%3A%2F%2Fa-itc.info%2F SNS系LINKの為、保留
u=https%3A%2F%2Fa-itc.info%2F SNS系LINKの為、保留

目次に戻る

Topに戻る

btContent

btContentImage


次の記事