サイト内ブログはマーケテイングに最適オウンドメディア

Blog Image
#
2018/12/24 18:33
多くのスマホ未対応ホームページにお知らせ。 スマホに対応していないホームページは損をしていますし、これからもそのままでは損失が続きます。 あなたのホームページをスマホ最適化を、単なるスマホ対応よりスマホ最適化があなたのホームページに必要です。 ページのどこにいても、どのページにいてもタップでスグに電話できます。 スマホからGoogleマップで道案内します。 スマホからでも入力し易いお問合せフォームも用意します。 画面のサイズに合せて画面表示を最適・適切に切り替えることができます。 ランディングコストも抑えられます。 1つの記述でサイトを構築するため1つのURLで、SEOにも効果があります。 スマホだけでなくパソコン・タブレットにも最適化されたホームページが欲しくはないですか? 基本的な内部対策SEOも設置済みで、今後の保守も優位です。 ホームページは作るだけでなく、サイトオーナーのあなた自ら・あなたのスタッフが育てて行くものです。 あなたはこの様なスマホ最適ホームページが欲しくはないですか?
#
2018/12/13 10:16
予算および予定の観点からプロジェクトがどのように遂行されつつあるかを定量的に評価し、コスト効率と進捗率を一度に把握するためのプロジェクト管理の技法 Earned value:出来高 EVM:出来高管理 私たちの仕事は大なり小なりおおよそプロジェクト仕事です。 そしてプロジェクトには適切な管理が必要となります。 プロジェクトの規模が大きくなればなるほどプロジェクトマネジメントが大事なものになります。 なぜなら大勢の異なる価値観を持った人たちを同じ目標に向かって仕事をしてもらうことがとても大切なことだからです。
#
2018/12/07 16:27
結果検索で望む情報が得られない多くのページが存在する。これではクリックされ実際のページに訪問されることはない。根本的な原因を横浜のスマホ最適サイトが推測する。ホームページが提供側の目線そして制作者目線で作られていることにあり、かなりの数の無駄なとなってしまうホームページの存在する。
#
2018/12/02 15:03
☑スマホからどのページにいてもページのどこにいてもタップでスグに電話できます。☑スマホからGoogleマップであなたのお客様になってくれるかも知れない人たちをご案内します。☑スマホからでも入力し易い・最適化された問合わせフォームを用意しています。☑スマホからでも素早く表示されます。☑文字の大きさ・文字やボタンの間隔や配置・画像のサイズは表示画面サイズごとに最適化(レスポンシブ ウェブ デザイン)されています。☑当然ですが全ページスマホ対応で見やすく・操作しやすく・よりフレンドリーなスマホ最適化です。私たちのページ https://a-itc.info と比較してみてください。他と違うことがわかると思います。
#
2018/11/29 15:26
私たちは、 あなたのホームページに独自の価値をご提供(UVP)できます。 あなたのホームページが利用されるために、 そしてあなたのホームページが利用されて、 あなたのホームページが集客できるために必要なことをお伝えしたいと思います。 By 横浜のITコーディネータ
#
2018/11/17 12:20
医療全般のホームぺージは、ほとんどの場合医療広告ガイドライン遵守の改修が必須です。あなたに提案を差し上げてから十数日が経ってしまいました。大丈夫ですか?捜索隊を出しましょうか? あなたが医療広告ガイドラインにそった内容で充分な準備を既にされているのなら良いのですが、・・・ そうでないのなら、 対応ができておらず、規制の波(医療機関ネットパトロール)にあたって、「医療の法の海」に飲み込まれないうちに、 By 横浜のITコーディネータ
#
2018/11/15 12:28
重要なのは、「デザイン」より、「何を」伝えるかです。 そして、そのために何ができるか です。 3つのなぜ、質問の「なぜ」、 ☑ 出来事の原因を問う「なぜ」 ☑ 行為の理由を問う「なぜ」 ☑ 信念の根拠を問う「なぜ」 ものごとの判断に迷ったとき、 ☑ 行為の正当性を問う「なぜ」のために、 3つの「なぜ」は対象がちがうだけであって、 ☑ 「問い」と「答え」の関係は同じ質の一つのものであるのか、 ☑ それとも「問い」と「答え」の文章の形が似ているだけで、 本来は別の3つの関係を扱うものであるのか、という問題を3つのなぜ ☑ なぜ、必要なのか? ☑ なぜ、今なのか? ☑ なぜ、あなたからなのか? を考えてみたいと思います。
#
2018/11/10 20:15
2018年もウェブの世界は色々だった。 少し早いかも知れないが2018年があと2か月を切ったので と言うわけでもないが、 情報セキュリティに関しては GoogleがSSL(暗号化)対策をしているサイトを評価するChrome最新版を公開した 「Chromeのことについて」を書くことが今回の目的ではないので、 SSL対策については、以下の記事を参照してください。 今回は、IPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威」について お伝えしようと思います。 By 登録セキュリティプレゼンター
#
2018/11/07 17:07
世の中には無償でも有益なアプリがあります。その一つが今回ご紹介させて戴く「MyJVNバージョンチェッカ」です。 昨今、一般で広く使用されているソフトウェア製品の脆弱性を狙った攻撃が増加傾向にあり、セキュリティ対策を施したバージョンにアップデートすることが対策として重要です。  MicrosoftのWindows Updateと併せて、ソフトウェア製品のバージョンアップを行う習慣を身につけましょう。 セキュリティのテーマについて書こうとすると色々あります。 その中であなたに伝えしたいものを、手軽さから考えて行こうと思いました。 そして、お役に立てる情報を紹介したいと思っています。 By 登録セキュリティプレゼンター
#
2018/11/01 13:51
最初にスマホは電話です。当たり前のことを言うと電話以上です。(あなたは、あたりまえのことをいまさら言うなとお思いでしょうか?)でも、スマホ対応をうたっている多くのホームページをスマホで操作してみると、多くのサイトがこの電話機能が生かされていません。 と言うか、ほとんどのサイト(ホームページ)のスマホ表示で、電話できる場所が限られています。トップページやお問合せページでは電話をかけることができますが、その多くが画面をスクロールすると電話番号が消えてしまいます(こうなると当然ですが電話をかけることができません)。 あなたは、この様なスマホ対応があたりまえと思っていませんか? 電話をかけたいときは、スクロールして戻ったり、電話するために問い合わせページに行ったりしていませんか?
  • 2019年6月18日
    憂うべき43サイト中23サイトがユーザー情報が丸見え状態、27サイトがログイン画面を放置 これはホームページオーナーのせい(所為)ではないのだけれども! 2つの区で人口合計が約37万人の地域の歯医者さんのホームページを調査してみました。 106ホームページの内、実に43がWordPressで制作されている そして、WordPressのログイン画面を公開している(守っていない)サイトが27もあり、さらにその中の20サイトが、ユーザー情報が丸見えの状態。WordPressのログイン画面を隠してはいるが、ユーザー情報が丸見えの状態のサイトが16サイトの中にも3サイトある。 ユーザー情報が丸見えということは、「パスワード」だけ突破できれば攻撃者はログインが可能なんです。 ログインできれば、改ざん、なりすまし、乗っ取りは、思うがまま、できてしまいます。 ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)でパスワードを機械的に何度でも試せるわけですから、常に攻撃の対象になってしまっているということになります。 調査対象の母数が少ないと思われるかも知れないですが、これが事実です。 WordPressサイトは少しの知識があれば、簡単に作れてしまう為、セキュリティポリシーがない制作者が作ったホームページが増えてきたのかも知れません。 By 横浜の登録セキュリティプレゼンター  あなたのホームページで、以下の2つを試してみてください。 1. http://example.com/wp-login.php 2. http://example.com/wp-json/wp/v2/users ※. example.comはあなたのURLに置き換えてください。
  • 2019年6月12日
    あなたのホームページは、Webの世界で有効か? あなたのコンテンツページは、Googleで認識されて(見つけてもらって)いるか? あなたのホームページが、Webの中に存在しているだけなら、ウェブの利用者(検索者)にとっては「存在していないのと同じです。」 この「Googleに見つけてもらっているか?」がとても大事なことになります。 ホームページを作っただけで、名刺代わりにさえなっていません。今回は趣向をチョットだけずらして、Webの世界でホームページが、どの様に認識されているのか・認識されるために何が必要かを、お伝え出来たら良いなと思っています。 Written:2019/06/13 By 横浜のITコーディネータ