あなたは、Wordを使って文書を書いているとき

いきなり強制終了(クラッシュ)や、

保存せずに終了してしまい。

 

 折角書いた文書がなくなった。

仕方なく、一から書き直した(書き直すはめになった)・・・といったことはありませんか?

 

そんなWord文書のレスキュー方法をお知らせします。

 

内容

 レスキュー方法.. 3

 一度でも保存で文書名を指定していれば.. 4

 名前が分からなくても、一度も保存していなくても.. 5

 復旧方法.. 5

 お知らせ.. 10

 理由は、.. 11

 

 

Office365になって自動保存の方法が変わりました

 

ツールバーの上に自動保存用のスイッチがあります。

a01-402-189-008-012.png
自動保存:オフ

 

 

通常(デフォルト)は、オフなので、ついつい忘れがちになるものです。

 

 ここをオンにしておけば、
万が一の場合でもクラウド(OneDrive)の保存されているので、安心なんです。

 

オンにすると、

a02-407-194-008-016.png
自動保存:オン
a03-339-218-016-032.png
OneDriveをクリック

 

「OneDrive 個人用」をクリックすると保存が始まります。

 

a04-543-522-020-044.png
しばらく待って

 

ですが、うっかりしたり、ついつい忘れがちです。

 

保存アイコン」をまめにクリックすれは、その時の状態は保存されますが、

これも忘れがちです。

a05-040-040-000-004.png
保存アイコン

 

 

a06-540-129-008-016.png

 

 

そんな時に、悲劇(強制終了、保存せずに終了など)が起こったりします。

 

.ワードを使ってドキュメント(文書)を執筆しているとき、停電クラッシュ(突然エラーで閉じられてしまう)で未完成のドキュメントに悲劇が起こったりします。この場合、拡張子.asdファイルとして保存されることがあります。

 

レスキュー方法

 

一度でも保存で文書名を指定していれば

 

見つける方法は

 

一度でも「保存アイコン」を押して文書名を指定しておけば、

文書名の一部を指定して、ご自分のパソコンの中を検索することもできます。

 

この場合、大事なことはWordの拡張子(.docx)を指定しないことです。

 

下の図は、

文書名の一部「ライト付きなのに」とワイルドカード文字(*:英記号のアスタリスク)を文書名後尾と、拡張子に指定(全ての拡張子を検索指定(office365以前は.asdではなく筆者が.asdを知らなかった為))しています。

 

. ワイルドカードとは、全てのパターンにマッチする文字列のことです。

この例の場合は、「ライト付きなのに」の名前がつく(*ワイルドカード)、全てのファイル(拡張子も*ワイルドカードで指定)を探すことを指定しています。

a07-688-294-036-112.png
.asdファイル

 

  ⇧、上の図にある種類:ADSファイルがそうです(拡張子は.asd)

 これの復旧方法を、次の「復旧方法」でお伝えします。

 その前に、一度も保存していない場合に見つける方法をお伝えします。

 

名前が分からなくても、一度も保存していなくても

この場合の、見つける方法は

実は、以下のフォルダ(UnsavedFiles)に、一時的に格納されています。

フォルダの階層は、

(C:/Users/%username%/AppData/Local/Microsoft/Office/UnsavedFiles

で、

/Usersは、日本語でエクスプローラを開いた場合は、cドライブのユーザーというフォルダです。

/%username%は、あなたがパソコンに登録しているユーザー名です。

以下はそのままのフォルダ名で階層にそっています。

 

今回の私の場合は、

 

C:\Users\j1nak\AppData\Roaming\Microsoft\Word\S-02はライト付きなのに-20200321308017472670438609

で、以下の図のものです

 

 

a08-693-187-016-048.png
.asdファイル

 

 

復旧方法

 これをこのまま開くのではなく

 

.asdファイルを開こうとしても「サポートできない拡張子」というメッセージが出てワードに認識されないことがあります。

 

.一度.asdファイルを開く方法でWordに関連付けした場合はWordで開けます)

 

 

1.asdファイルをマウスでポイントし右クリックで「プログラムから開く」をクリック

 

a09-448-226-016-040.png
プログラムから開く

 

 

2. 「ファイルを開く方法を選んでください。」ポップアップがでるので、

を外し

 

a10-588-417-024-052.png
注意

 

3. その他のアプリ↓をクリックして

4. 開くアプリを指定します。

スクロールバーをスライドさせWordを探し、

 

a11-385-510-016-044.png
Wordを選んで

 

5.wordを選択し、常にこのアプリを使って.asdファイルを開くで

 

a12-582-768-032-088.png
Word ✅常にこのアプリを使って.asdファイルを開く「OK」

 

6.「OK」ボタンでWordが開きます。

 

a13-697-529-052-208.png

 

 実は、⇧この記事、趣味編のブログで使用しています(実レスキューです)

 

7.開いた文書を、名前を付けて保存でWord形式(.docx)で保存します。

 これで、復旧が完了です。

 

お知らせ

ここしばらく(1か月以上)

ここのサイトの更新をしていませんでした。

(申し訳ございません。)

理由は、

 何をしていたかと言うと

新しいサイトを2つ立ち上げていました。

ここの様なconcrete5でつくるのではなく

WordPressです。

 

 以前の記事で、WordPressサイトは閉鎖したことをお伝えしました。

セキュリティ対策とか、WordPressの更新頻度が高く大変でしたから。

ここのサイトでも、WordPressの記事を書いたりもしていました。

 

 しかし、WordPressの事を書くんだったら

やはりWordPressサイトですべきと思い直し

 

 WordPressがバージョン5.0で大幅に進化したこと

そして、相応しいWordPress様のテーマが見つかったことで

WordPressサイトを再開しようと思ったわけです。

 

 改めて、WordPressをセットして

作りなおしたサイトは、

WordPressメインサイトと、趣味とWordPressテスト・検証サイトです。

 

 そして、このサイトのWordPressに関する記事は

既に、5個移行しました。

 

 単純に移行したのではなく、

リライトしてグレードアップしています。

このConcrete5サイトの記事はそのままですが、

新しいサイトに誘導する様にリダイレクト指定をしています。

 

WordPressメインサイトでは、

 

    などのテーマで記事を書いています。

 

 

趣味とWordPressテスト・検証サイトでは、

 

    • 趣味
      • プラレール(改造)
      • 自転車(TB1)・・・まだ記事はない。
      • カメラ(野鳥撮影)・・・まだ記事はない。
      • パソコン自作()・・・まだ記事はない。
    • WordPressメインサイトの為の更新前・テスト&検証
      • プラグインのテスト&検証(他との相性問題など)
      • 新バージョンのテスト&検証(テーマ、プラグインなど)
      • その他のWordPress関連のテスト&検証

         のテスト経過と結果の記事

 

  としています。ご関心があれば、どうぞよろしくお願いいたします。