サイト内ブログはマーケテイングに最適オウンドメディア

Blog Image
#
2018/07/21 11:19
音声で指示をするときは、 従来の検索の様な 「渋谷 飲み会 おすすめ お店 どこ」ではなく、 自然言語検索です。 「渋谷で飲み会をするのにおすすめの場所を教えて」というのではないでしょうか。  さて、なぜこのような話をしたのでしょうか? 技術の進歩により、よりコンテンツの「質」が重視されることが予想されます。 その兆しは、すでにさまざまなところで見受けられます。 今回は自然言語検索のWeb対応について書いています。
#
2018/07/01 15:56
#
2018/04/22 14:17
もし、あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。  もし、あなたが、何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えすることは、あなたを目覚めさせること間違いなしです。
#
2018/03/30 7:11
この記事は、別のサイトからの記事の移行を含みます。いよいよ始まりますGoogleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックスもし、あなたがWebサイトをお持ちなら、モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。横浜のITCが運営するスマホ最適サイトブログ
#
2017/12/02 14:36
あなたは、どの様にお伝えしていますか? あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するとき サービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?
#
2017/07/12 20:42
どんなことでも、 つながりがあることは、 とても大切で・大事なことです。 今日は、趣向を変えて、 この、「つながり」について考えてみようと思います。 先日、と言っても・・・ 1か月以上も前のことです。 十年以上も前に一緒に仕事をしていた「仲間」から、電話がありました。 「新しい案件があるから手伝って貰えない」かと、
#
2017/05/07 8:31
この記事は私の別のサイトに投稿したものを再編集したものです。Googleが2016/11/05に発表したモバイル ファースト インデックスに備える必要があります。Googleがインターネット アクセスの主役をパソコンではなくスマホだと捉え、数年来モバイル ファーストと言って来たものです。このスマホ用のサイトを一番に考えることが大事とも言われる対応がいよいよ・あなたのサイトにも必須のものとなります。横浜のITCが運営するスマホ最適サイトブログ。別の側面から言わせて戴くと、 ・インターネットの世界の動きにGoogleが追随したもの ・インターネットのアクセスがスマホからのアクセスに変わったのではなく、スマホの普及がインターネットのアクセスを増やしたこと ・スマホ利用者を自分のサイトに誘導しないのは・・・もったいないこと ・パソコン主・スマホ副ではなく、これからはデバイスに左右されない作り(レスポンシブWebデザイン)が必要なこと
#
2016/02/29 11:53
ウェブサイトの引っ越しのため 過去記事、ブログの引っ越しを始めました。
  • 2019年4月25日
    モバイル ファースト インデックス・インターネット利用者の検索に対応する為に必要なこと Googleのモバイルファーストインデックスに対応するについて具体的にお伝えいたします。 これには、大きく分けて3つの方法があります。どれも、あなたのホームページにスマホ用のコンテンツを用意することが必要(※01)です。  (あなたのホームページはパソコン向けに作られたコンテンツです) ※01.なぜ必要かというと、2018/3/27Googleがモバイルファーストインデックスを開始したからです。 ごく簡単に言うと、それまでは、スマホからの検索であっても、パソコン用のホームページの情報からインデックスしていたのですが、2018/3/27以降は、パソコンからの検索であってもスマホ用のホームページの情報からインデックスするようになったため、パソコン用のホームページしか持っていないと、インデックスの優先順位が低い為、結果的に検索結果の表示も下位となってしまうからです。 スマホ用のホームページを用意する方法として ✔ 1つ目は、今あるパソコン用ホームページを機械的に変換してスマホ用ホームページを作ること ✔ 2つ目は、今あるパソコン用ホームページと同じ内容・ページで、新しくスマホ専用ホームページを作ること ✔ 3つ目は、レスポンシブ ウェブ デザイン(※03)で新しくホームページを作り替えること Googleは、レスポンシブ ウェブ デザインを推奨しています。
  • 2019年4月15日
    ✔ wp-login.phpが公開されていないか? (あなたのURL/wp-login.phpでアクセスしてWordPressのログイン管理画面(下図)が表示されないこと)  これは公開(放置)されていたら、玄関の鍵を開けたまま留守にしているのと同じ状態と言えます。暗号化(SSL)していても、無意味となります。 ✔ WordPressが最新バージョン(5.2.1)に更新されているか?※注. Update:2019/05/22  (※注.WordPress.orgのリリースのページでは「積極的に保守されている5.2系統の最新版以外の以下のバージョンは、安全に使用することはできません。​​​​​​​」と宣言されています。) あなたのホームページがWordPressで作られているのなら、今すぐ上の2点を確認することが大事です。あなたのお付き合いのある信頼できるホームページ制作会社に、ご相談されることを強くおすすめします。     Written:2019/04/15 By 横浜の登録セキュリティプレゼンター 経済産業省推進資格 ITコーディネータ