常時SSL化が【標準】となる

 

By 登録セキュリティプレゼンター

 

Update:2019/03/14

Written:2018/09/12

 

 SSLは、簡単に言うとネット間の暗号化通信です。

600-400-56-SSL-min.png

 暗号化を行うことで、あなたのホームページに訪れた、

あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに安心感を与えるのです。

 

 あなたが好むと好まないにかかわらず、

ネットの世界は危険が潜みます。

SSL化は避けては通れないものです。

 

 Googleは、SSL化しているサイトとSSL化していないサイトを

見分ける(お客様に伝える)ために、

ブラウザのChromeで、SSL対応済か、SSL未対応のホームページかを、わかる様にしました。

 

 

今月リリースされた

 

Chrome69Google Chrome 最新バージョン)では
以下のような仕様変更の案内がありました。

 

 

SSL対応済みのWebサイト
HTTPS
サイトの「保護された通信」という緑の文字

 

h t t p s : //」が表示されなくなる

 

と、

ただ、2018/09/12時点の

 

バージョン: 69.0.3497.92 では、

緑の文字の「保護された通信」は、消えたものの、まだhttps//は残っています。

 

以下は私のサイトです。

Chrome20180912-01.PNG

他のブラウザと同様に?マークになりました。

Chrome69.0.3497.92.PNG

 

 

SSL未対応のWebサイト

 

未対応のサイトは、

URL欄に【保護されていない通信】(=安全ではないページと警告が表示される

 

以下は、私のNTTぷららが提供している無償ホームページのサイトですが

 

Chrome20180912-02.PNG

 

上記のサイトは、営業目的でもなく

プロバイダ(NTTぷらら)がSSL対応をしてくれるのを

待つしかないのですが、

 

お店のホームぺージや、企業・医院などであったら

 

この様なのんきなことは

 

言っておられないと

 

思います。

 

先日のブログでもお知らせしたように

 

 

他のブラウザも

ブラウザ684-103-072.png

 

Googleと同じ動きをしていますから

スマホのChromeでも、まだhttpsは残っています。

0475-0954-00.png

スマホで↓アップルのSafari(サファリ)見た場合はこの様になっています。

0475-0954-01.png

 

 

常時SSL化を前提

 

常時SSL化を前提として、

 

SSL対応済みの場合は表示がシンプルになり、


SSL未対応の場合はより目立つような形となっています。

今後、他ブラウザでも同様の仕様変更がある可能性があります。

あなたが、お持ちのドメイン


Webサイトの運営を行っている場合、

 

【常時SSL(https)化】ができているか
ご確認ください。

 

常時SSLが完了していない場合、

 

あなたの

お付き合いのある

 

あなたのホームページ制作会社などに連絡して

 

早急にSSL化をしていただく様に

 

お薦めします。

 

先日の記事

 

 

 

以下の関連記事ページもどうぞよろしくお願い致します。

 

➡  改ざんの危険性がイッパイあなたのサイト大丈夫?

改ざんされた複数のサイト
                                                改ざんされた複数のサイト

 

➡  脆弱性対策してますか?あなたは大丈夫?

ホームページの脆弱性
             ホームページの脆弱性

 

➡  Googleが警告する危険なSSL未対応サイト

Chrome 保護されていない通信
              Google Chrome 保護されていない通信

 

➡  ホームページのSSL化必須お客様に、あなたも横浜

SSL化未対応に対するアナウンスChromeの場合
       SSL化未対応に対するアナウンスGoogle Chromeの場合

 

➡  SSL化必須です。あなたのお客様を守るために

あなたのお客様を守る
             あなたのお客様を守る   

 

➡  あなたのホームページは脆弱性対策していますか?

WordPress
              WordPress ワードプレス

 

➡  SSL必要ない?本当ですか?  

SSLの仕組み、出典IPA
             SSLの仕組み、出典IPA

 

➡  重要あなたのパソコン無償チェック

IPAのお薦め無償チェックツールMyJVN
             IPAのお薦め無償チェックツールMyJVN

 

➡  要対策「情報セキュリティ10大脅威2018

情報セキュリテイ10大脅威 IPA
              情報セキュリテイ10大脅威 IPA